ハーベスト従兄弟

日曜大工道具

Pocket

従兄弟が昔から好きだった人々へ

空港で家族との初対面を終えた後、これからの滞在先、メキシコシティにあるかるちゃんのおばあちゃん家へ。 時をさかのぼること、数か月前。スペイン語も話せず3週間も、(厳しい、と噂の)おばあちゃん家で過ごすのはさすがにしんどいかなぁ、と思いカルちゃんには「メキシコでは、ホテルかアパートを借りようね」と言っていたのですが、 ① 予算が足りない② おばあさんが悲しむ との理由から、おばあさん家での3週間ホームステイとなりました。 ちなみにおばあさんの家にはカルちゃんのおじさん、カルちゃんの妹、その娘が一緒に暮らしています。 3週間、この6人でシャワーとトイレを共有するカオスぶりは別の機会にお話しします メキシコシティは渋滞で有名な街。空港から家まで通常なら30分弱のところ1時間半ほどかかりました。 家についたら更なる家族のお出迎えが!!  プラス、おばあちゃんと一緒に暮らすカルちゃんのおじさん。 そしてもちろん、お母さん、おばあちゃん、妹とその娘。 総勢13人のお出迎えです。 もちろん、一人一人と1-2分のハグ&号泣 カルちゃん再び号泣。 私もつられて涙ほろり。 それぞれのハグから愛情がほとばしっています。 カルちゃんの従兄弟たちもカルちゃんとハグしながら涙。「大好きだよーっ」「会いたかったよー」って耳元で囁い合っていました 男同士のこんな熱い抱擁、初めて見たので凝視する私(笑)。 さらに、スカイプまで登場。  すごいぞ、メキシコの家族愛。 カルちゃん、5年帰っていないと言っても母とおばあさんとは毎日メッセンジャーは欠かさないし週に1度はスカイプで話してるしいとことも、親せきとも頻繁に連絡を取り合っているんです。 それでもこの激しい愛情表現。 こんなに多くの人から多大な愛情を受けて育っているからかるちゃんも愛情底なしの人間に育ったのかなぁ、と彼のルーツを垣間見た気がしました。 この日はテキーラショットを数杯(笑)飲んで夜まで家族みんなで過ごしました。 もちろん、解散の時にも抱擁は欠かせませんので、メキシコ到着後12時間以内に計26回以上ハグしたことになります。 会った瞬間から家族の一員として愛情をもって受け入れてくれる心の壁がないカルちゃんの家族。 親戚で集まることもほぼなく、核家族で育った私にはいい意味で、大きなカルチャーショックでした。 すごいな、メキシコの家族  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚読んでいただいてありがとうございました! Have a lovely day 

従兄弟について押さえておくべき3つのこと

この度は大変嬉しいご報告をさせて頂ければと思います

中には気づいている方もいるかもしれないのですが
お腹に大切な命を授かることができました
体調不良が長く続いていて
元気がない日々が多かったのですが
1ヶ月前ほどからツワリが落ち着き
今はまぁまぁ順調に生活を送っています

とても嬉しいご報告なだけに
早く伝えたい気持ちでいっぱいでしたけれど
ようやく安定期に入りました
最近では
赤ちゃんの胎動を良く感じられ
幸せでいっぱいです
神様から授かったこの大切な命は
夫婦共に大切にして感謝の気持ちで
いっぱいな日々を過ごしています
なんだか
照れ臭いのですが
自分の中に新しい命がいること
信じられないような
不思議なようなぁ笑
お腹を蹴られて
目が覚めてしまうこともありますが
本当に幸せと感謝の気持ちでいっぱいです

そして
今年産まれた甥っ子ちゃんに
早速いとこができたことは
兄ちゃんと両親にとても喜んで頂いてます

従兄弟が仲良く遊んでいる姿をみたいなぁ
きっと兄弟みたいな感覚になるんじゃないかなぁ
と勝手にお兄ちゃんと話をしています笑笑

今後とも温かく
見守って頂ければと思います

DIY

コメントは受け付けていません。