紅白事実、美しい

Pocket

紅白 世界に愛される 先進技術の日産

大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)の司会トリオ、総合司会のお笑いタレントの内村光良(53)、紅組司会の女優・有村架純(24)、白組司会の「嵐」二宮和也(34)の3人が27日、東京・渋谷のNHKで会見した。

ほか、あらおめごととか。
今年はでもドラマないのねとか
いろいろスケジュールまとめたほうがいい時期に
今日は博多駅で17:50からイルミネーションに山田涼介くんが。

仕事終わりの時間とかさなったからちょっとみてきた。

すんごい遠くて、顔は見えてないから、テレビカメラもはいってたしWsで確認(笑)、先輩の二宮さんもここに立ちましたよてきたはなしを、アサデスのこだまさんがふってたかな?

ニノちゃんもラストレシピごとでこないかなと待っていたのに、まぁコンサートに紅白に忙しいもんね(泣)

そのうち、例のニノ王国にまたのおこしおまちしてます
さて、帰りまーす

紅白を格安で購入するならこちら、リズーナブルで驚きの価格で提供しています

【コメント】TWICEがリパケ ぶっ込んできましたね…今年はTWICEに全部持って行かれて、終わりそう。GOT7もリパケで被るのに、同じ事務所内でこんな??そういえば、TWICEの紅白出演って、MBCがストライキ終わらないって見込んで 出演を決めたのですかね??結局、MBCは歌謡祭やるようですが、この感じだとVTR出演かなあ TWICEが出るのに東方神起が出演しないのは、納得いかない部分もあるのですが、それは 復帰早々だから って考えるしかないのでしょうか。。。  ね、「ぶっこんで」来ましたね。私も同じこと思いました(笑)  >TWICEの紅白出演って、MBCがストライキ終わらないって見込んで 出演を決めたのですかね?? MBCは関係ないと思いますが(笑)単純にオファーが来たから受けただけかと。どちらかと言えば、韓ドルたち(所属事務所)にとって、韓国でのイベントや番組は海外の仕事との比重で言えば、後回しにされる傾向が昔からあったかな。まぁ、「2度とないチャンス!」と思う点もあるかと思いますが(^_^;) 昔は日本でも中国でも韓流ブームが起き(今じゃ、どっちのテレビ局とも疎遠ですけど)、韓ドルたちが普通に日本や中国のゴールデンタイムに出演していた時代がありました。しかもどこの国でも年末頃には特番がありますから、当たり前に韓国の年末特番との日程がかぶります。 そんな時は、海外の番組を優先してましたよ。どこの国でもニューイヤーを祝う番組は大型特番だったりするので、オファーが来るだけでも名誉なことですしね(^_^)事前収録や、中継など、対応が可能な場合はそれで出演していましたが、海外のテレビ局さんに「中継して!」と、こっちから言える立場でもないので、そこは韓国ではみなさん大スターですから、日本や中国の方の年末特番を優先して、韓国の特番は事前収録などで対応(もしくは出ない)という形が多かったです。  今年、紅白に韓ドルが出演するのは、実に  6年ぶり  だそうで・・・時代の流れを感じますね(T_T) <K-POP歌手 6年ぶりの紅白出場>K-POP歌手の紅白出場は、2011年に東方神起、少女時代、KARAの3組が出場するほどだったが、一転、翌年の2012年から5年間、これまで韓国歌手の紅白出場は無かった。※2012年に某大統領が某わが国の島に上陸しています。  3組→5年間0組→6年ぶり1組  って、すごい歴史の流れを感じますが( ̄□ ̄;)この日本との関係が冷え込んだ後、Kぽは今度は中国で活発に活動し始め、同じく中国での特番に呼ばれる韓ドルもいましたが・・・これも政治的な問題で一気に韓中関係が冷え込み、呼ばれなくなりましたね。  振り返れば、人気韓ドルほど、年末になれば海外特番にも呼ばれるため「どうなる!今年の年末!∑(゚Д゚)」みたいな、スケジュール調整でファンがヤキモキしていた時代もありましたけど・・・ほんと、そんな心労も短い期間でした(^_^;)「あんな忙しい時代もあったな~」という感じです、韓ドルの活動が政治に影響される仕事なことがよく分かる事例だと思います。  >東方神起が出演しないのは、納得いかない部分もあるのですが、それは 復帰早々だから って考えるしかないのでしょうか。。。 まぁ、東方神起の除隊や復帰は、NHK(日本の公共放送)には関係ないことですからね(^_^;)それに彼らは韓国の国民の義務、「お勤め」を果たしての復帰なわけで、今年は韓国の特番でこそ、彼らの復帰ステージが華々しく用意されてても良いのかと^_^;  それに、TWICEと比べるのはやはり無理があるように思います。彼女たちは強引にも最後、日本人を3人体制に増やしたことでも分かるように、当初から紅白など、日本のテレビ出演への突破口を考えてのメンバー構成だったことが分かります。2PMだって日本で活発に活動していましたが、やはり↑の2012年以降は韓ドル自体が紅白(ゴールデンタイム含)から姿を消したことへの対応策をJYPが考えた結果なのでしょうね。  正直、韓ドル界ではこれまで「多国籍グループは売れない」というのがよく言われて来ました。以前から言ってるように、韓ドルは国内だけでは収益が得られないため、海外公演などをして収益を得なければならず、その時に「多国籍メンバー(つまり複数言語を話せるグループ)」構成が、何かと海外活動において便利、という利点があったんです。が、そういうグループは過去にも多く誕生していますが、結果は出ませんでした。 だから完全に外国人(ハーフも微妙な反応な時が(ーー;))というより、「語学ができる」という観点から、昔から帰国子女が練習生としてとても重宝されて来たんです(語学ができる、でも韓国人)特にアメリカでデビューさせるぞ!という意気込みが強い時代には「英語」が話せることは、練習生の中でデビューに近い大きな武器となっていました。※でも、韓国男子にとって「徴兵に行く、行かない」というのは大きな問題になるので、帰国子女(男子)メンの場合、わざわざ取得した海外国籍を再び韓国籍に戻してデビューさせる、というのが暗黙のルールに(あぁ、もったいない)←「徴兵行かないのか?」と、それだけで叩かれる対象になることも(T_T) 
で、時代も変わって、今では日本で活動するのが普通になったり、途中で中国での活動がメインになったり、と、英語はもちろんのこと、日本語や中国語、その他の言語(タイなど)も話せる構成が良い!という風潮になって、大所帯メンバーにどんどんなっていった経緯はあると思います(どうしても、あの子(英語)も、その子(中国語)も入れよう!と思えば、そりゃ増えるよね)  少しづつ時代も変わって、多国籍グループも受け入れられて来ていますが、それは韓国国内ファンから、というより、多国籍グループはより幅広い海外ファン層の支持を得ているのだと思っています(SNSなどの普及でネットを介して身近な存在に)。なので、韓国国内では今でも「韓国人だけの構成グループ」というリストがあるぐらいなので、まだ抵抗がある人はいるんでしょうね(T_T)  特に外国人の中でも、とりわけ「日本人メンバー」は賭けというか、日本人メンバーのグループは(多国籍の中でも)人気を得にくいというのはあったので、TWICEを作り、そして今のようなヒットグループにまで育て上げたJYPの功績は本当にすごいと思っています。ゴリラ、うっほっ!さすがは韓国を代表する名プロデューサー!だと思っています。  TWICEは今や、韓国国内だけでなく、日本でもこうやって紅白に出場するまでに成長しているわけですから、本当に彼女たちの活躍には感心しっぱなし。あと、昨日も書きましたが、ケンタもすごく頑
張ってますよね。特に女子より男子の方が国民感情として、より受け入れられにくい世界かと思っていたので、日本人男子ドルの活躍はいつも応援しております(^_^)NCT、PENTAGON、今だと「MIX NINE」を見ているので、ONFも! ↓デニムのジャケットの子が日本人です。  現在「MIX NINE」で頑張り中~♪  「海外で仕事をする」って、とても大変ですからね(^_^)というわけで、逆に今年の紅白では、私はTWICEの韓国人メンバーを応援しますよ~日本での年末の晴れの大舞台、頑張れ!≧(´▽`)≦ 
にほんブログ村 

コメントは受け付けていません。