従兄弟を集めたよ!

Pocket

従兄弟の販売店舗情報、ただ今、大特集中です

?カテキョ!?
萌木ゆうさん
まあー、甘いっ!
うえに、しかもエロいって??
イチャイチャしたの見たいときは これですわ
純真無垢な倫太郎くんが
エロ家庭教師、楓によってメロメロな身体に変えられていく
ちゃーんと、恋愛してますよ。
楓が好きで好きでなんでも言うなりで疑うことを知らない倫太郎に金や名誉のために自分に近づく人ばかりのそんな環境のせいで優しいけれど人を信用してない楓
薄々、倫太郎も気づいてきて楓さんを癒し守りたいと考える

何にも出来ない倫太郎がそんなことを真剣に言うものだから

楓も倫太郎を愛しく思うようになり独占したくておかしくなる
弟離れ出来てない倫太郎の兄に邪魔されてキレたり楓の祖母に釣り合わないから別れろと倫太郎が手切れ金を渡されたり

ストーリーは王道ですよ、たしかに。ひねりはないかも。
でも、なんかバカップルぶりがそれはそれで ほのぼのしてていいわぁ。
エロいしぃ

風邪ひいて熱があるくせに

倫太郎に甘える楓
困りながらもじゃあ、僕が全部するね…とゆっくり楓に乗っかる倫太郎

はぁー倫太郎くんたらぁ
疲れた日とかやなことがあった日とか甘く浸りたい時もあるよねぇそんなカテキョ!でした。
ずっと前から気にはなってたけど買ったことがなかった 同級生
中村明日美子さん
このほっそりし過ぎのイラスト全体的に線の目立つ個性的な漫画
あまり興味を引かれず読んだことなかったんですけど
苦手な痛い系は無いとみて買ってみた   良かったよぉ~
ストーリーは淡々としていて同級生の高校生男子二人が恋に落ちて結婚を誓うまでがメインですが
その二人の学校の先生も絡むしその先生と生徒、過去の男性教諭との話その男性教諭の今の元生徒との話友人の恋愛など、だんだん話が枝分かれしてゆく広ーくなってゆく。
メイン二人はなかなか焦れったいけどね美人受け、佐条理人が独特かなぁ?無表情なようで内に秘める感情は流されない強さを持っているそれを包み込む明るい攻め、草壁光
理人を好きな教師、原学と生徒のソラノ

原の高校時代の担任で初恋相手の有坂と生徒の響かなりの年の差

草壁と佐条ので友人 コマっちゃんと彼氏??
男女問わず遊びまくりの男に多くを望まないコマっちゃん
同級生?卒業生?OB?空と原へ移りゆく年月と形を変えてゆく恋心と葛藤

卒業しても付き合いは続き

隠しておくのが一番なのか…親へのカミングアウトで悩み、相談したりそれぞれの立場の違いもあり

メインカップルもそれはぬぐってもぬぐっても不安は消えることがなく
友人の結婚話で現実を考えさせられて落ち込む理人に、光が
あっけらかんと
?なにもかも欲しいと思うのは欲張りでしょ、二人で生きていければいいじゃん?
これで、理人も心が決まります

どっちもくよくよしてない所がいいね
原先生、本当に幸せになって欲しい良い人なので

連休前にBL本、久しぶりに小説ばかりネットのブックオフで買いました

タイトルは
最近一度読んで 良いなと思った作家さんの本になります
あまり、痛いのがないといいのだけど
もともと、小説が好きで崎谷はるひ さんの本が大好きで買い始めたBLたちなのです
出版された本はかなり多いけれど崎谷さんの本は  私の苦手な痛い系や病み系はほぼない。
普通にBLの、恋愛小説キュンキュンするシーンが多いです。
エロシーンも、濃厚
崎谷さんのストーリーはBLだからといって2丁目に出会いを求めるからといって病み系のストーリーでもないのにウリや、レイプや、性的虐待などどっかに絡めてこなくても恋愛だけで十分楽しめる作家さん
ゼロとは言わないけど、ほとんどない
ストーリーに愛があると、思う作家さん
ここのところ、書かれていませんけど完結していない本もあるので寝かせてあるのだろうと期待してます

あと少しで  年末に入りますよね
母の一周忌でこの連休に田舎に帰ったのでもう、しばらく帰りたくないです

外国人観光客も多く訪れるパワースポットのある所なんですけど心が真っ黒になるような思いをしてこちらへ戻ってきました
本家だの従兄弟だの見たくもない聞きたくもないモノに覆われてイライラしっぱなし
それでも、私の原点はここにあるんだと言い聞かせて頑張りました
私の目を従兄弟は見ようとしませんでした35年ぶりまた会うことがあるのだろうか?

帰ってきて   3日ぶりに見た孫はあぅーと声をあげるようになっていて私と目が合うと笑ってくれました
愛しいもの  
暖かいもの
大切にしたいと思う

?私は元気です?
読んでくれてありがとう
またあそびにきてね

   

従兄弟 一番うまい発泡酒をきめようじゃないか

昨日に引き続き従兄弟のお兄さんの作品集。ぼーっとテレビを見ております。どうやらこちらに気づいたらしい。そろそろ自分で靴も履くことができるかな。

コメントは受け付けていません。