紅白の宅配サイト

Pocket

このサイトは紅白の集団会議

       
おー!!男子ファイナル進出選手決定ー!!

①ネイサン②宇野昌磨③コリヤダ④ボロノフ⑤リッポン⑥ボーヤン

個人的にボロノフとリッポンが入っているのが嬉しいです(T_T)

ファイナルも応援しますー(T_T)!!みんながんばれー(T_T)!!   

さてさて今日は…ちょっとこれを
実はこんなのを見ていました  安室奈美恵さんのNHKでの特集もしかすると見られた方もいるかな?  この涙するシーンは出産して紅白で復帰した時の自分の泣く姿を見てのもの  お客さんが温かかったって言ってた       私は 安室さん世代ではないけれど それでも彼女の活躍と人気の凄さは“すっごいスーパースターがいる”という印象で見ていた記憶がある   お父さんが見る音楽番組には必ずと言っていい程彼女が出ていたし  歌も踊りも上手くってかわいくってキレイで そして…確か19で妊娠かな…? そんなのもあって“生き方もパフォーマンスもカッコイイおねーさん”って感じで…見ていたかな      特集『告白』とってもいい番組でした  印象に残っている言葉を少し      21世紀になり彼女はCDセールス、チャート、コンサート動員などのシビアな現実を突きつけられる   (歌手の安室奈美恵がわからなくなる)↓(“安室奈美恵”を一旦置いて“安室奈美恵”じゃないところで曲を出してみたいと提案)↓(自分を再生するために自分を捨てる) ↓ 
楽しくて達成感があった     あまりにも “こうしなきゃいけない”“ああしなきゃいけない”“こうじゃなきゃいけない” と、考え過ぎてしまって  “楽しむ”っていうことを段々段々忘れていってしまった   (その時に)そうかって… もっと『自分が好きなことは好きだ!』って 胸張って楽しまないといいものは作れないなって思った   ので 『安室奈美恵』って名義になった時に 
とにかく自分を…
今の自分を楽しんで 
いいと思うことを胸張って堂々とやればいいんだって   なった時に   いろんな迷いとかいろんなプレッシャーっていうのが 全部パァーッてどっかに消えていっちゃって…     
-新たなドアが開いちゃったって感じ?-   開けられましたその時は    
-それは自分で真っ暗な中探しに行って、開けに行ったドア?ー   …いや、 開けに行ったドアはことごとくハズレだったんです  で、その時に  『そうか、楽しむってことを忘れてた』ってなった時に ファ~ッて明るくなって  “ドアはここです”ってポーンッて目の前に現れた感じ  それをスーッ…て鍵なしに開けられた感じ   で、次のステージに行けた          “しなきゃいけない”の呪縛から解き放たれた瞬間の転換
 そこに開かれる道
そこからの飛躍   “楽しむ”ということの本当の意味その大切さ   いろいろ…いろいろ重ねながら聞いていました        そしてこれは“ファン”として震えるものだったな   自分が実際にすごく傷ついて精神的に悲しかった時に… その時のツアーで 初日ステージに立った時に  ファンのみなさんの温かさが… ウワッ…って一気にくる瞬間がそのツアーの時に…あって  ブワァーッ…て鳥肌が立った時に…
  
私はSNSとか何かで自分の言葉を発信することがないので 何も言わない私に対して  『あたしたちココにいるから、あんたはコンサートのこのステージ楽しみなさい』  みたいな(笑)   それを感じたコンサートがあって    

この人たちが一瞬でも “あぁ、今日のコンサート楽しかった!”って思ってくれるような瞬間を… 作れたら…  私はすごく幸せ者だなぁって    
 なんて素敵なファンとの関係だろうって   言葉なくとも発信なくとも その思いをそのステージの“空気”と“気配”から感じとれる お互いに     そこに交差するのは互いを思いやる“想い” そこに在るのは目に見えない大切なもの     パフォーマンスと生き様で示しそれを受けとる者たち 築き上げられた信頼関係    言葉じゃなくても確かに繋がっている  目には見えない深い深い部分で    
なんだか…理想だなって思いました        もちろんもう書くまでもなく アスリートと歌手ではそのフィールドはまったく違いますしバックグラウンドも全然違う  片や勝負の世界片やショービジネスですし絡んでくる要素も生み出す効果もまったく変わってくる   が、広義的に 表現者として… または何かを“極めようとする者”として その真髄…通ずるところは確かにある    
たくさんの人に囲まれ華やかな世界に見えても実は孤独だったり  その日々は自問と葛藤の連続だったり  一見手放したように見えても実は何も失っていなかったり   モチベーションプレッシャー試練落胆起伏達成感喜び 大切なもの自分の芯 信念    共通する多くのものを私はそこに見ている     そしてこれは芸能人だからとかアスリートだからとか そういう範疇を超えて私たちにも触れる部分がある   

その言葉が響くのはきっと人間の本質的な深い部分にそれが浸透していくからだと思う   
それを
欲している自分がいる     
時々ここに書いているけれど 私はゆづを通して自分を見つめたり 自分を通してゆづを見たりする   また時には他のアスリートを通してゆづを見たり ゆづを通して他者を見たりもする     そうすると視野が広がってその人だけを見ている時よりも より深く多角的に捉えられたりする
想像したり思い馳せたりして
新しい発見があったり理解につながったり思いが深まったりする
   

 ま、そうは言っても
ゆづはゆづ  あくまでも羽生結弦は羽生結弦でありそこは大前提の土台ですけどね     でも今はなんだか… 心に触れる言葉を発している人に私は惹かれる  
この時間
“『羽生結弦』を深める時
間”
そんなふうに感じている自分がいる
     
1番しあわせな梅雨
   
ステージで舞台で

その氷上で
場と空気空間と気配

思いと想い

絡まり合ったあの時間     互いの具体的な言葉のやり取りはなくとも
つながった

共に在ったあの時間が今シーズンを乗り越えてゆく
彼のパワーとなりますように
今あらためて願っています

      ポチッと…押してくださいますか? ↓↓↓ 
フィギュアスケートランキング いつもありがとうございます?*゚    

なくなって初めて気づく紅白の大切さ

.

ふたりともキレイな横顔ー?( ´艸`)

あいかわらず見切れててもきれい?

・・・

ってことで、今朝のZIP?
なんか、VS感すごかったけど…(衣装のせいかな?)
にのちゃん お膝ににゃんこ?ついてて カワイイね。ってかもうなんでもカワイイね (●´ω`●)
嵐がカラオケで歌う自分たちの曲は?

せーのっ!
(`・3・´) happiness

(´・∀・`) A・RA・SHI (.゚ー゚)

Love so sweet (‘◇‘)

ノノ`∀´ル Face Down
と自由な嵐も可愛かったですが…

やっぱりわたしは、なんといっても にのちゃん!(寄っかかってる?)

にのちゃん!(足かけてる?)

にのちゃん?(肘かけてる?)

もー壁があるだけで、なんでこんなに かわいいのこの子はーーー!。゚(゚´Д`゚)゚。

にのちゃん と 壁。 といえば、

個人的には、ピンボールランナー?

壁があるとすぐ手をついたり寄りかかったりするからー、

にのちゃんは 大っきなカゴ背負って大変かもしれないけど、かわいいから好きなのランナーにのちゃん?

ピンボールじゃないけど、

記憶に新しい↓この 待ち合わせにのちゃん とか!!(勝手に命名)

めたんこかわいいよぉおおおお。(?Д?)。

ずっと見てたいから、

待ち合わせには絶対遅れてく!!←

でもピンボールといえば、この↓ もこもこピンボーラーのかわいさも忘れられない…
モニターの位置もいい仕事してくれる?

って、あれ?

だいぶ話逸れました…w

ってか、ZERO、紅白司会者会見やってくれんのね…(最近カルチャーコーナー渋いな)

明日のPON!は嵐じゃないのーー??
とかもう色々思うところはありますが、
今週末にはもうドームだし、

ってか明日は、ベスアだし、

今年は、コタツde嵐もあるし!

郵便局の新しいチラシ?とか、

新宿の櫻井ショールームとか、

ジブンゴトでも、紅白に向けて一年分のニノさんやきやきしたり
(でもまだVS一年分くらい残ってる…)(((゜д゜;)))
ずっと不安定だったケータイが、昨日、突然ウィルスに犯されましたなんていう警告が出て、
仕事帰りに焦って機種変したり(デジチケ怖すぎる)
はぁーもーすでに 師走感 満載です笑

今年もいろいろ取りこぼしちゃうかもしれませんが、

最小限にとどめられるよう頑張りたいと思いまーす!!
笑って年を越しましょーーーう? (気が早い)
(おやまのふたりは反応がおくれてるだけですから)
以上、独り言にお付き合い頂きありがとうございました?
ここ数日重かったので、ちょっと軽い記事を書いてみたくなりまして笑

コメントは受け付けていません。