無垢材は木材を切り出して、既定の寸法にカットした種類です。
もちろん、必要に応じて表面を磨くこともあります。
いずれにして木材自体を加工していないものです。
これに対してベニヤ板や合板、集成材などは一つの木材だけではなく複数の木材を利用して新しい種類として提供しています。
加工の過程で目的に合わせて強さや重さを調整しているのです。
無垢材の代表は床の間の柱でしょうか。
木を切ってきただけで床の間に立てたようなイメージがあるでしょう。
もちろん、皮を残す必要はなく、木目がきれいに出ている状態であればいろいろな使い方できるでしょう。
家具などでもいろいろと使われているはずです。
無垢材の特徴は木の香りです。
木造建築の特徴は木の温もりを感じられることと香りがいいことでしょう。
集成材でも木の香りはしますが、いろいろな匂いが混在してしまいます。
木の温もりは木造住宅ならではの特徴ですから、ぜひ感じたいものです。
無垢材と言っても種類によって特性は違います。
何の加工もしないため硬さや強さは木材の種類に依存しているからです。
住宅内のどこにでも使えるわけではないでしょう。
必要以上に無垢材を使うのではなく、見た目を重視するところだけに留めておけば、建築費用を抑えることができます。
毎日暮らしていく住まいですから、気持ちよく眠ることができる木造住宅がおすすめです。
適度に無垢材を使用したいものです。
計画を立てる時に建築業者としっかり打ち合わせしてください。