住宅や家具など、いろいろなところに木材は利用されています。
日本は木材が豊富なのです。
もちろん、種類によって価格は大きく異なりますから、家を建てる時や家具を購入する時には種類の違いを認識しなければなりません。
また、種類にはいろいろとあり、強度を重視しているものと加工のしやすさ、見た目の良さなど用途によって使い分けなければなりません。
建築業者などは専門的な知識がありますから、確実な材料選びをしていることでしょう。
一般の人でも木材の種類に詳しい人もいます。
多くの人が感じている木の香りや温もりは種類によって異なるのです。
最近は洋風の家が多くなってきましたが、柱や床は木材の場合が少なくありません。
時には手で触ってみましょう。
子どもの時からずっと見ている柱かもしれませんね。
どのような種類の木材が使われているのでしょうか。
素人であっても柱に使う木材と天井に使う木材が同じだとは思わないでしょうが、どの程度の違いがあるかはわかりません。
最近は外国から輸入されている木材もあります。
それぞれの種類の特徴を活かして利用されているのです。
カラーボックスなどが安価に販売されている場合は、材料となる木材の質が悪いと考えていいでしょう。
強度的にも不十分でしょう。
それでも自分が使う場合に問題がなければいいのです。
カラーボックスの上に乗って何かの作業をするわけではないからです。
木材を利用することは種類の違いを理解して、問題のないようにすることが大切です。