木材の種類毎の違いを比較してみましょう。
まず、針葉樹と広葉樹はわかりやすいですね。
針葉樹はとがっていますが比較的軽い木材です。
広葉樹はその逆で太く広がり、重い木材となります。
世界中にいろいろな種類の木材がありますから、どれが一番いいかと言う比較は現実的ではありません。
自分が住宅を建てる時に入手できそうな種類を比較するのです。
これは実際に販売されている木材ですから、無垢材を始めとしてベニヤ板や合板、集成材も含まれます。
それぞれの価格を比較しても意味がありません。
それぞれが住宅の中の適したところに使用されているからです。
すべての部分に高級木材を使っていると非常に高額な住宅となります。
それは実際の住宅とかけ離れてしまうでしょう。
木材の種類を名称だけで判断することは難しいですから、それぞれの特性を知っておけばいいのです。
腐りにくい木材、曲がりにくい木材、硬い木材、すり減りにくい木材などを考えてみればいいでしょう。
杉やヒノキがどのレベルにあるのかはインターネットで検索すれば一覧表として掲載されています。
ヒノキは強く、杉は中程度、アカマツは弱いのです。
自分で家を建てるわけではありませんから、すべての種類を知っておく必要はありません。
ただ、外国製の家具を購入する時にはどのような木材を使っているか、十分な強度を持っているかを調べることをおすすめします。
どのような木材を使っているかわからない場合は、非常に怪しいと考えましょう。